【勝手に貯まる!】中部電力を解約して、ビットコインを手に入れる方法




前回に引き続き、にゃむです♪

先日、我が家の電気は中部電力からイーネットワークシステムズに切り替わりました!

今回はその経緯をお話したいと思います。

 

中部電力からイーネットワークシステムズに切り替えたきっかけは暗号通貨との出会いだった

今年のGW頃、ビットコインをはじめとする暗号通貨の価格が急激に高騰し、またたちどころに暴落したことで話題になりました💹

暗号通貨について調べていくうちに興味を持ち、一部の資金を暗号通貨で貯蓄してみようと考えたんですね。

暗号通貨を取引するには、取引所にアカウントを作る必要があります。

取引所も色々あるのですが、一番手軽で使いやすいらしい「コインチェック」を利用することにしました。

 

本人確認に1週間ほど要し、無事アカウントを作成したところ、こんな案内に目が止まりました。

 

 

お気づきの通り、中部電力との契約をcoincheckでんきに切り替えるだけでビットコインが貯まっていくんです!!

いきなりビットコインを買うのはちょっと抵抗あるな…という場合でも、普段の生活で少しずつでもビットコインを貯められるなら気軽だし面白いですよね。

実際の契約はコインチェックではなくイーネットワークシステムズ(ENS)という東京の電力会社になります。

ちなみにビットコインで電気代を支払えるプランもあります。私はビットコインの貯蓄がなかったのでビットコイン付与プランを選びました。

 

電力会社を切り替えて何が変わった?

スマートメーターに取り替えられた

申し込みから2週間ほどして、メーター取り替え工事の通知がポストに入っていました。

平日の昼間に工事だったので家には誰もいなく、気づいたら工事は終わってました。

クルクルまわるメーターがなくなり、デジタルになったみたいです。

それ以外は今まで通り。特に変化なしです。

切り替え手続きだけで、毎月の電気代の4〜6%がビットコインとして得られます!

我が家は中部電力の従量電灯B・40A契約なので4%でした。9,000円の電気代だったら360円分のビットコインがもらえる計算。ちりも積もれば、ですね。

 

実際に電力会社を切り替える方法

東京電力・中部電力・関西電力のエリアの方限定で申し込みできます!

    1. まず

コインチェック

    にアクセスし、アカウントを作成する。

  1. 本人確認手続きを2種類行なう。本人確認書類を提出および、簡易書留の受け取りで住所確認。※大体1週間くらい
  2. コインチェックのサイト内からENSの申し込み手続きをする。
  3. 3週間〜1ヶ月半ほどするとENSからの電力供給が開始される。

※ENSで契約が完了すると、現在の電力会社は自動的に解約されます。

ちょっと日数はかかりますが、今の電力会社の独自サービス等を活用できていないようでしたら、切り替える価値があると思います。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

電力事業が自由化されても、ずっと大手と契約している方がまだまだ多いと思います。

大手電力各社も価格に力を入れているようですが、こういった新しいサービスを積極的に導入している新電力会社もあるんですよ〜

 

しばらくしたら経過報告もしてみたいと思います!

にゃむ

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【追記】

3ヶ月使用した結果を投稿しました♪

 

【追記2】

2018年11月現在、申し込み再開しています!