大人もアデノウィルスに感染しました②完治するのに1週間かかりました。




前回の大人もアデノウィルスに感染しました①の続きをです。

①をご覧になっていない方はこちらから読むことができます。

 

5日目

熱は37℃後半くらいまで下がりました。

だーちゃんの咳と鼻水がすごいので保育園をお休みすることに。

会社は週末までお休みすることになりました。

 

また、地獄の二人きりの時間の始まりです。

そこそこ元気なだーちゃんと瀕死状態の私。

お友達も先生もいないのでつまらない様子でした。

こういう時の二人きりは本当に辛く、寝れないし、でもご飯を食べさせなきゃいけないしでイラつきはマックスでした。

 

相変わらず熱は37℃から38℃を行ったり来たりで一瞬39℃まで上がることがありました。

この日も寝汗がひどかったです。

6日目

熱は36,6℃ほどまで下がりました。

ここまでの道のりが長かった(笑)

しかし、突然38℃まで上がることがあったので、まだ油断はできない状態です。

 

初日よりは食欲が出るようになり、ちょっとずつですが元気が出てきました。

7日目

6日目と変わらず、38℃まで熱は上がることはなかったですが、37℃後半になることはありました。

頭痛はあり、この日もほぼベットに横になっていました。

高熱は出ていないせいが寝苦しいということはなく、すんなり寝ることができたような気がします。

だいぶ体が楽になってきました。

8日目

やっと平熱まで下がり、初日と比べると体が軽く感じました。

頭痛もほぼなくなり、だーちゃんの相手もできるようになりました。

大人が感染すると重い症状になるのは本当

普通の風邪と思ったら大間違いですよ!

このウィルスはかなりの曲者で、高熱が何日も続きます。

それに喉の腫れ、痛みがすごいので食べ物を飲み込むのも一苦労でした。

よく、食欲はあるといいますが、私の場合はしばらくありませんでした。

子供が感染した時点でマスクを着用したり、手洗いうがいを徹底的にやっていれば少しは違ったかもしれませんが、子供のそばに常にいるとそうもいかないかもしれません。

家族全滅にならないためにも夫婦別室で寝るなどの対策があるといいかもしれないです。

親が感染した時のために、子供用のレトルトのご飯はものすごく活用したので、常備しておくといいかもしれないです。

高熱が下がらない場合は早めに病院に行くべきだと思いました。

いくら特効薬がないとはいえ、解熱剤など処方してもらえるし、適切な判断をしてくれます。

 

以上地獄の1週間を過ごしたやんちゃんでした。

 

[adsense]