私が選ぶ0歳からのおすすめの絵本たち3冊!




やんちゃんです。

絵本っていつから読み聞かせるの?って思いますよね。

私も何ヶ月からにしようか悩んでいました。

ぶっちゃけ新生児から読み聞かせをしてもいいみたいです(笑)

私は絵本を読み聞かせを始めた時期は生後3ヶ月くらいから始めました。

最初は全く反応がなかっただーちゃんですが、10ヶ月にもなると声を出してくれたり、色々な反応をしてくれるようになりました。

そこで我が家にある絵本を紹介したいと思います。

 

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

これは昔からある赤ちゃんの絵本ですよね。

1967年に発売された絵本なのですが、今でも人気の絵本ですよね。

だーちゃんに一番初めに読み聞かせをした絵本でもあります。

様々な動物たちがいないいないばあをしてくれます。

文章も短く挿絵も大きいのでだーちゃんもジーッと絵を見ていました。

読み聞かせをしていくうちに「ばーっ」と言ってくれたり、表紙を見せただけで笑うようになりました。

 

だるまさんが

これも赤ちゃんに人気の絵本の一つですよね。

私はママ友におすすめされて買った絵本になります。

ダルマさんが可愛らしい動きをしていて、「ダルマさんが」と繰り返しのフレーズがある絵本です。

だーちゃんも目を輝かせながら聞いています。

シリーズ化もされていて三冊セットが販売されています。

ちなみに我が家も持っています。

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

 

もう おきるかな? (0.1.2.えほん)

 

こちらの絵本は保健福祉センターの育児相談の時に頂いた絵本です。

動物たちが寝ていて起きるという単純な絵本なのですが、絵がリアルに描かれているのが印象的でした。

だーちゃんも食いつきがよく、自分でページをめくったりしています。

特に「起きたー!」というフレーズが好きなようで手を振ったりしています。

この絵本はボードブックなので子供がめくりやすいのかなと思います。

 

 

最初の頃は読み聞かせても聞いてるのか分からないなと思ったし、絵本を食べちゃったりして全然進まなかっただーちゃん。

おすわりができない時は一緒に寝ながら読んだり、後ろから包むように読んであげていました。

おすわりが出来てから対面で読み聞かせをしています。

親の気分で読んであげてしまっていますが、ちょこんと座って聞いてくれる娘が可愛いなと感じてしまいます(笑)

絵本を通してコミュニケーションをとることも大事なことなのかなと思います。