原因は分からず・・・謎の目やにが保育園内で流行中!




やんちゃんです

今週あたりから起きているのに目やにが出るだーちゃん・・・。

実は保育園内でこの謎の目やにが流行しているようで、小さい子のクラスから大きい子のクラスまで幅広く流行っているのです。

 

同じクラス内の子が小児科に行ったようなのですが、ただの風邪と診断され目やにが出る原因としては

特に小さい歳の子だと鼻をかむことができないので、そのまま目やにとして出て来ているとのこと。

 

確かに目と鼻は繋がっていますよね。

しかも、あおっぱなが出ていたので目やにが出てもおかしくない。

でも、こんな症状は初めて見ましたし聞いたのでびっくりしました。

 

特に熱が出ているわけでもなく、鼻水と咳くらいで保育園を休むほどではないかなと感じました。

 

だーちゃんのお友達はお昼寝から起きても目やにが酷すぎて目を開けられないくらいだったり、その子によって目やにの度合いは違うみたい。

 

とうの本人は元気いっぱい!よく食べる!よく寝る!そしてよく泣く!

早食いだし、保育園でも一番に食べ終わってしまうくらい食いしん坊なのです(笑)

 

まあ、だんだん目やにの量も減って来ているし、鼻水も緑色から透明になりつつあるので徐々に回復しつつあるのかなと感じます。

 

しかし、風邪に関しては焦るということがあまりなくなってきたなとブログを書きながら思ってしまいました。

いろいろ経験すると「ここまでなら小児科にいかなくても平気」とか子供の表情とか仕草で調子が悪いとかを判断できるようになりました。

あとは、食欲があるかないか、水分は取れているかも判断基準になりますね。

 

今年の春くらいから立て続けに感染症にかかっている我が娘。だーちゃん。

初めて高熱を出した時は心配で心配でたまらなかったし、小児科にお世話になりっぱなしでした。

だーちゃんが治る頃に私たち夫婦も感染するという地獄の生活も味わい・・・。

本当に地獄だったと今でも感じる・・・

 

気になる方は「大人もアデノウィルスに感染しました①」大人もアデノウィルスに感染しました②」を読んでもらうとわかると思います(笑)

 

結局目やには感染症によるものではないようなので、母としては一安心。

これで感染症だと登園禁止とか医師の登園許可証が必要なんて言われてしまうとかなり大変なことになりますからねヾ(・ω・;)

 

保育園に預けている以上風邪をもらったりウィルスをもらって来てしまうのは仕方ないことなのですが・・・(笑)

 

冬になると今度はインフルエンザの季節が来るなあ・・・(;´Д`)

家族三人ともワクチンを接種しないといけないなと感じております。