陣痛から娘を出産するまで①陣痛初期はただの便秘だと思っていたわたし。




やんちゃんです!

みなさんは出産ってどんな感じだか想像ができますか?

わたしは娘のだーちゃんを出産するまで陣痛ってどんな感じ?と思っていたほど想像ができませんでした。

でも、出産って本当に命がけで人生で初めて経験した激痛だったなぁと記憶しています。

これから出産をする方は、きっと未知の世界だと思います。

実際、わたしもそんな気持ちで不安でいっぱいでした。

私と同じような気持ちの方にぜひ参考になればと思い今回は当時のことを思い出しながら書いていきます!

 

出産の時の痛みは育児に追われていると共に忘れてしまう

最初に話しておきますが、出産の時の痛みなんてすぐに忘れてしまいます(笑)

私の場合は初産の割には早く出産でき子宮口全開(10㎝開く)6時間半で産むことができました。

この出産時間は初産の人にとってはかなり早いようです。平均的な時間だと約12時間だと助産師の方に言われていました。

あんなに激痛だったはずなのにこんな感じと具体的に言えない。

それくらい必死で出産したと同時に一瞬だったということなのでしょう。

出産してから慌ただしい生活になり、あっという間に一日が終わり、また地獄のような育児に戻り・・・これは、母に聞いても同じだったので、月日が経つと忘れてしまうようです(笑)



 

出産は命がけ!骨盤が砕けるような激痛に苦しむ

わたしの場合、骨盤がメリメリと外側に開いていくような感覚でした。

こんな話を聞いいただけでかなり恐ろしいはなしだと思いますよね(笑)

人によっては巨大な石が出てくるとか、鼻からスイカが出てくる痛みとか。いつまでたっても出てこないうんちのような感覚とかいろいろな例えが出てきます。

それくらい、出産のときの痛みは人それぞれで共通の痛みではないというのがよくわかります。

とにかく今までの痛みの中で一番痛いです。(少なくともわたしの中では)

これ以上の痛みはなかなか経験しないと思います。

だってウンチよりもはるかにでかいし!!もうエイリアンが出てくる感じですよ。

むしろ、子供が生まれてから胎盤を出すのと会陰切開の縫合の方が記憶しています。

だって先生、麻酔の効いていないところ縫うんだもの(笑)おいっ!と突っ込みたくなるが、こちらは疲労困憊で動けない・・・。

 

私の場合の出産の流れを紹介!

AM12:00頃 お腹に違和感を覚える。

→トイレに行くが違和感は無くならない。この時陣痛とは知らずに便秘だとずっと思っていました(笑)初産なので陣痛の始まりとか知らなくて当然です。

AM1:00頃  お腹の痛みが10分間隔になることを確認する。おしるしがくる。産院にTEL。

→病院に来てくださいと言われ荷物をまとめる。痛みがくるとうずくまるようになる。

AM1:30頃  産院に到着。陣痛室に行き、すぐに子宮の状態を確認される。

→すでに3〜4センチほど開いていた。まだ耐えられる痛み。指とお腹に心電図をつける。

AM2:30すぎ頃 10センチほどまで開く。

→分娩室に歩いて移動する。この時は常に生理痛の何倍もの痛みがずっと続く。陣痛が来ている時は起き上がることも困難。

力みたいが、まだ力むタイミングではないようなので我慢するしかなく、お尻の穴の部分を主人にテニスボールで押してもらう。

りきみたいのにりきめないという苦しさ。例えるならウンチが出る直前なのに我慢しろと言われている気分です。

※始めはテニスボールなんて効果がないかと思っていたけど、これが効果を発揮する。

 

と、ここまでは順調なように見えるけど・・・

ここからが地獄の始まりだったのです。

長すぎるので②に続きます。

陣痛から娘を出産するまで②なかなか出てこない!!!

2017.05.23